小樽観光

 ルタオ

小樽のスイーツ

これまで小樽のスイーツで、食べた事があるのはルタオ・新倉屋・小樽あまとう・美薗の四つだけ。花月堂のはどこかで食べたはずだが画像がない。
北菓楼は2016年春に札幌本館がオープンするので、そのとき食べて見よう。その他、桑田屋・アンデリス・正福屋・つくし牧田・西川ぱんじゅう店などは小樽に行った時、意識的に買うしかない。これらの中では先ずアンデリスの余市ウヰスキープリンがいいかな。

●ルタオ(LeTAO)

小樽でスイーツと言ったら、ルタオ(LeTAO)がお薦め。オルゴール堂近くにあるルタオ本店の2階はカフェになっていて、2種類のケーキセット(Aセット819円、Bセット903円)が用意されている。
安いほうのAセットを頼んだら、小さなケーキと紅茶がやって来た。一見して高いと感じたが、味はいい。 まろやかな味わいで舌にとろけるようだ。

ルタオのケーキセットA

ケーキ以上にインパクトがあったのが、この紅茶。こんな香りの好い紅茶を今まで飲んだ事がなかった。 ルタオの紅茶 カップの横に添えられた説明書によると、今回飲んだ紅茶は
「ベースの茶葉となるヌワラエリヤはスリラ ンカ中央山脈のもっとも標高の高い地域で 採れ、発酵度が低く、爽やかな香りとデリ ケートな味わいが特色です。
しかしながら強くハッキリとした味を好むスリランカ人にはあまり馴染めず表に出ることの少ない茶葉でしたが、ムレスナ社のアンセルム・ B・ペレラ氏はフレイパーの香りを損なわない茶葉としての活路を見出しました。今月はマスカット、レモン、ラズペリーのフ レイパーをブレンドしました。
100g 1,155円にて2階喫茶で販売しております。」とのこと。

ドゥーブルフロマージュ 帰り際、1階のスイーツショップで買ったのが、定番のドゥーブルフロマージュ 1,575円(税込)。
1回分用に4等分した。
ドゥーブルフロマージュを4等分して皿に皿の直径は14.5cmだから、小さいケーキだ。これでは直ぐ食べ終わってしまうが、楽しみは先まで延ばしておこう。
パフェ・ドゥ・フロマージュ(ハーフ) このドゥーブルフロマージュに味を占めて、次に小樽へ行ったとき買ったのがパフェ・ドゥ・フロマージュ(ハーフ)。
これはドゥーブルフロマージュより更に小さいが、口どけの良さに思わずうなってしまう。 これは食べて見るしかない。なお価格は1,575円(税込)。
ルタオアンフィニ
札幌大丸デパートの地下に行ったら、ルタオがあったので、ルタオアンフィニ(\1,890)という焼き菓子を買って来た。
中に入っているナッツは原材料名からするとアーモンドとクルミ。外側はクランチチョコレートでコーティング。ぎっしりと詰まった感じで濃厚な味わいでした。

●美園アイスクリーム

美園アイスモナカ「小樽運河の街に蘇る大正浪漫の味、美園アイスクリーム」がキャッチフレーズ。 通年で大正浪漫アイスモナカ、小樽運河愛す最中、小樽運河アイスクリーム。大正ロマンアイスクリームが買えるが、 季節限定商品では銀山いちごアイスクリーム、甘酒アイス、空からの白い贈りものがある。
美園本店は小樽市稲穂2-12-15番地であるが、かま栄物産館売店にもあると言う事なので、かま栄に行ったら、ついでに購入できる。

●新倉屋

新倉屋長崎屋店新倉屋のホームページによると、「小樽名物 花園だんご」は小樽だけにしかない、おだんごで、 あんの付けかたは先代社長、新倉慎太郎が考案した山型一刀流であり、 弧を描いた流線形は、他では真似られない独特のものです。
時代の流れに翻弄される事なく、伝統の和菓子を創り、 新しい感覚の菓子づくりへの挑戦もいたします。」と書いてあった。
それなら一度は食べて見なければと思い、小樽駅前の長崎屋店へ行って買って来た。(2010/10/22)

花園三色だんごと中華まんじゅう

買ったのは花園三色だんご(\651)と中華まんじゅう(\368)。 花園三色だんごの包装紙には「粒あんを求肥で包み黒ごま、青のり、コイロの三つの味が楽しめるおだんごでございます」と書かれているが、果たして実際はいかが。 これは正に和菓子です。スーパー等に売っている団子とは違います。謳い文句通り、黒ごま、青のり、コイロの三つの味が楽しめた。

花園三色だんごと中華まんじゅうの中身

一方、中華まんじゅうはこの通り本格的な練りあんです。噛みごたえがあって、甘~い中華まんじゅうでした。また、原材料数が9種類と少ないのが良い。。

中華まんじゅうは本格的な練りあん

※一口メモ:「花園三色だんご」の原材料の所で出てくる「求肥」とは(牛のなめし革のように柔軟であるところからいう)白玉粉を水でこねて蒸す。(Bookshelf Basic V2.0 国語辞典より引用)
また「こいろ」とはしんびき粉を煎って焼き色をつけたものが「しんびきこいろ」。上南粉を煎って焼き色をつけたものが「上南こいろ」。 (お菓子の辞典より引用)

●小樽あまとう

小樽あまとうのマロンコロン「あまとう」の存在は2010/12/18放送の「先生人語」(FM三角山放送局、丸山哲秀)で知った。小樽にはこれまで何十回も足を運んでいるのだが、気が付かなかった。
もしかして最近オープンした札幌大通ビッセに出店しているかもと思い、調べて見たら、あった!
早速マロンコロン(アーモンド・カカオ・チーズ、各\150)と大通店限定の大通しっとりスイーツ「ビッセのブッセ」を買って来た。

小樽あまとう大通店限定ビッセのブッセ

●小樽の菓子サイト

スポンサードリンク

関西の貸別荘 すずめのおやど

京都近郊の貸別荘すすめのおやど

HOME

アウルネット





関連画像

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP