新着情報

●CSSを使ったリニューアルが完成しました。トップ・春・夏から秋・回転寿司(2ページ)・スイーツ・ランチ・リカー・歴史的建造物・駐車場(2013/1/25)
なお、リンクのある画像は別ウィンドウで連続的に大きく見ることが出来ます。(MediaBox利用)
もし、レイアウトが崩れるとき旧トップページ
小樽観光年間イベント更新 (2014/7/18)

小樽観光

●小樽運河
小樽観光のメインスポットはここ小樽運河。この運河に沿って石造りの倉庫や小樽歴史的建造物などが点在しています。この日はツララあり、青空ありの穏やかな日で撮影には絶好の日でした。

・2003/12/13 FinePix 1400 Zoom
・もっとすごいツララになると(2004/2/10)
・初夏の小樽運河(2001/6/2)
・吹雪の「おたる雪あかりの路」(2006/2/18)

●倉庫を改造したお店
観光客で賑わう小樽運河の周りには倉庫を改築したレトロなレストランや観光土産屋などがたくさんあり独特な雰囲気を持った街並みになっています。
北国の厳しさを表現するには このツララがいい。

・2003/12/13 FinePix 1400 Zoom

●小樽オルゴール堂
赤煉瓦造りの小樽オルゴール堂本館。この中には世界各国の色々なオルゴールが展示・販売されている。

・2003/12/13 FinePix 1400 Zoom
灯をともし頃のオルゴール堂(2004/2/10)
4月になっても未だ雪がちらほら(2006/4/8)
秋になると(2009/10/17)

●小樽雪あかりの路
とてもとても寒かった「小樽雪あかりの路」でのワンショット。小樽駅に向う途中で食べた小樽ラーメンがいつもよりとても美味しく感じられた。

・2004/2/10 FinePix 1400 Zoom

2006年に行った時はウサギの雪だるまになっていた。

・2006/2/18 PowerShot A700

小雪の中、夕方を待つ。ようやくロウソクが灯り始めた。

・2006/2/18 PowerShot A700

●ホットワイン
小樽観光で北海道らしさを味わいたいならば冬がひとつの選択肢。寒くて道路は滑り易いし、時には吹雪もあります。この小樽で生活するのは大変ですが、観光ならばそれも良い思い出。寒さの中での小樽ラーメンや小樽ホットワインはまた格別です。

・2006/2/18 PowerShot A700
※ホットワイン一口メモ
札幌スケッチによると札幌市「大通り公園」の「 ミュンヘンクリスマス市」で今まで使われていたホットワインと言う言葉がグリューワインに変わったそうです。 そこでこのグリューワインと言うのを調べて見ました。
続きはここをクリック。(別ウィンドウで表示)

●オタルの由来
「アイヌ地名で旅する北海道」によると、小樽の名の由来になった「小樽内」地名について、「Otaオタ(砂)ru(路)naiナイ(沢)」と言う風に解説している。
また内(ナイ)は川の意味だそうで、内が付く地名として真駒内、幌加内、幌内、静内、振内、岩内、稚内、歌志内、木古内、桃内などが思い浮かぶ。